いったことある場所

注目の投稿

自転車のタイヤの話題。意外性のないみんなが使っている良タイヤ、それがGrandPrix 4000S II

Continental GrandPrix 4000 II このタイヤはレース用クリンチャータイヤのなかでもしかしたら最も人気があり、みんながわりと使っているタイヤなのかもしれない。 だからこそ意外性がなく、このタイヤと比べられてしまうのではないだろうか・・・・? ...

2014年3月27日木曜日

親の身勝手さにはあきれた。

親から学んだこと。これは、人生に対して大きな影響を与えるもののひとつだ。
俺は、親から学んだことは「人の怒らし方」を学んだ。
学んだというかかってに会得してしまった。
一つ目は腹のたつ笑い方。
もうひとつは上から目線でしか頼めない
さらにもうひとつ、短気。

この三大要素を学んで、人生で損しかしていない。
ふとしたときにそういうのが出てくるのが一番の欠点で、自然に出ることからも、本質として存在してしまっている。
親のせいであることはひとつもないとか、
其れは全部自分のせいだというひともいるだろう。だが、それは同じ境遇にたってから初めて言える話である。同じ境遇なんて存在しないのに否定からしか語れない人間は、何かが狂っている。自分の人生をいちど振り返ってみるといいのではないだろうか。

子供の能力を全否定してそれがいいことだとかんじているのなら、なおさら子供を育てないほうがいい。もうあまり昔のことを掘り返しだすときりがないので最近のことだけに集中したとしても、たとえば「できないのに大学なんていってどうするのか」この一言は今でもストレスになっている。
はっきりいってテスト勉強中にこれを思い出した日には勉強どころの騒ぎではない。鬱の始まりだ。
勝手に涙は出てくるし、勝手に落ち込むし、勝手に頭がはたらかなくなる。何も考えないようにするためにはどうするか・・・なにも考えないようにするともっと頭の中で反響するようになる。勉強なんて集中すらできない。(しゅうちゅうを変換すると皺柱になるからもう第一変換オンリーにする)
ペンを持つ力さえ抜けるような状況にまでなっているのに、親はきづくことはさらさらない。その状況を理解しない。やれそこからは罵声大会のはじまりである。罵詈雑言の嵐と共にさて学び取ることはなにか。短気なことと人の起こらせ方を学ぶわけだ。
いったいどうしたらこんなに短気になれるのかがわからないくらい短期になる。文字を一文字一文字書くたびに、やるきの減少とともにフラストレーションが倍数的に増える。
ただでさえ、4年間だけしか払わないといっていたのが、もう払わないといってみたり、おまえの生活費は自分で払えといってみたり、月2万で、前後期の教科書代を自腹で払えといってみたりして、ただでさえ胃に穴が開きそうなほどストレスがたまっているのにである。
それで勉強に皺柱しろというのがなにかおかしなはなしではないのか。
畑が違う人がよその畑のひとにたいして、作物が違うのにもかかわらずどうして今種をまいているのかを説教してまわるのとおなじだ。お前の畑で育てているのは春野菜で、こっちでそだてているのは秋野菜なのにもかかわらずだ。俺は肥料をやらずに育てているのに肥料をやるのはなんでだおかしいだろと文句を散々いって、その肥料を全部捨ててみたり、そんなことをしたのになんで肥料をやらなくなったんだかれてしまうだろうといってまわるのとおなじ。
そんなのの息子ができるわけがないだろう。
そんなふうにしろと育てられたら勉強ができるようになるのかと。

コンバインで耕すような場所を全部一人で耕せっていっているのに、コンバインと同じ時間で作業することを求めているというのを気づきもしないのは、本当に親なのかと。
親である以前に人であることを求めていないならはじめから子供なんてつくらなければよかったんんじゃないか?
そもそもメンテナンスフリーの機会がひつようだとかんがえているのなら、はじめから其れを目当てに生活すればよいことだろう。



人は身勝手であってもそれを他人に強要することが必要なのか?



身近な他人は家族というのに、その家族にそれを強要するのなら、まず自分が変わるしかないんじゃないか?


子供の癖してという言葉があるが、はっきりいってこれは親の癖してというのが妥当だろ。
親が真っ当な生き方をしているというのであれば、その背中を見て子供があこがれるだろうが、
お前は真っ当な生き方だったか?子供が背中を見てあこがれるような背中だったか?
あこがれるような説明をしてきたか?
なぁ、俺はおまえを親とは認めたくないが、世間様は親だと言い張る。
なにをするにしても保護者として、保証人としての役目があるんだとさ。


たのむから、もうこれ以上邪魔をしないでくれ。
たのむから、もうこれから邪魔をしないでくれ。
たのむから、たのむから、俺の中からお前の記憶を消し去る時間を与えてくれ。
身勝手な言葉の応酬と、身勝手な行為にはもう飽きたんだ。
もう十分邪魔して気が済んだろ。 もう休めよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿