いったことある場所

注目の投稿

自転車のタイヤの話題。意外性のないみんなが使っている良タイヤ、それがGrandPrix 4000S II

Continental GrandPrix 4000 II このタイヤはレース用クリンチャータイヤのなかでもしかしたら最も人気があり、みんながわりと使っているタイヤなのかもしれない。 だからこそ意外性がなく、このタイヤと比べられてしまうのではないだろうか・・・・? ...

2016年9月8日木曜日

富山(雨晴海岸、海王丸パーク)、千里浜なぎさ海岸、小松空港で撮影 1


今回はいくつかの記事に分けようと思います。

撮影をしていても条件というのは中々そろってくれないもので、其れおろか楽しみにしていたものだけでなく悪いものもついてくるものでした。そんなお話。

それではどうぞ。


----



5月4日から5日にかけて、富山金沢あたりに撮影をいってきました。当初の目的では雨晴海岸へ朝日を撮影しに良くということで計画をしていましたが、日が近づくにつれ転帰の予報があまりよろしくない模様に。個人的にはレポートが厳しくなってきていて気持ちがよろしくありませんでした。

といっても今回は一切運転を担当しません(!)、目的地はお任せなんですが。(運転しないのが珍しくてちょっともどかしい)

撮影&編集&車中泊のために持っていったものたち
・EOS70D
・EF-S 18 55 F3.5-5.6 IS USM
・EF-S 55-250 F4.5-5.6 IS USM (キットレンズをかっこよく言ってみtだけ)
・Kenko Pro1D C-PL filter 58mm
・Kenko Pro1D Protecter 58mm
・SLIK F630(ビデオ用ですね。)
その他編集用にノートPC、タオル、ブランケット、おかし、着替えなど
(こうやって型番書くとかっこよく見えるじゃないですか!)



こんなかんじの機材をもっていってました。
周りはTamron 150-600 とかもっていってたりする中でドノーマルです。もう会話がわからない。。。

とともに車でGO。今回乗せていただいた車はこれ。

f/9 1/100 35mm

Stepwagon Spada
結構カスタムしていらっしゃるので、かっこよいのです。運転をしていないので車の紹介だけをば。




22時に出発して、いきなり渋滞にひっかかりつつも

ノンストップで雨晴海岸の近くに到着。(私は後部座席で寝ていただけ)道の駅を探して走る走る。このとき、精神的に弱い私にはきになる出来事が起きましたがままよくあることなのでおいておいて。

iso100 1/25 f/9 155mm

暗いですね。

一度過眠をしたあとに雨晴会館の駐車場まで移動し、松の木が生えている岩場をはさんで富山市内を一望できる場所に陣取り、いざ撮影を開始・・・!


もやってる・・・



本当ならこんなかんじの景色になる予定なんですが、どこでも撮影ができるようなかんじの朝日になってしまったのが残念。


本来はこんな感じに見えるはずなんですが。
 iso100 1/25 f/9 250mm
 iso100 1/100 f/5.6 70mm
  iso100 1/100 f/5.6 70mm
 iso100 1/400 f/10 38mm
撮影はMF、STV off 、マニュアルの高速連射でした。ちょうど鳥さんが被ってくれる位置から飛び立つのでいいかんじになってほしいなぁって思いまして。

朝日を待っているときに大ハプニングが発生しまして、レンズ交換時に買ったばかりのPLフィルターをはずしたとたんポロリ。コロコロと転がっていった先には海が。
手を突っ込んで探しましたがぜんぜんあたらない触れない・・・
水の中に入ってしまうと、枠しか見えなくなってしまうのでそれも原因で完全に見失い、きれいな色を出すことができなくなってしまいました。


トボトボと帰ろうとしていると、たまたま氷見線の列車がきましたので、パチリ。
逆光だ~



地元の人にここがお勧めといわれていた海王丸パークへ向かっていると、路面電車が走っていました。こちらは万葉線の電車だそうです。


 iso100 f/13 1/1600 27mm たぶんマニュアルモードだったはず。


さらに進むと漁港近くで非常にきれいな薄明光線が。ヤコブの梯子ともいうみたいですね。




雰囲気が非常によく、風の割りに雲の流れが割と遅く、延々と?撮影していました。


今回はここまで。続きは海王丸パークから。

0 件のコメント:

コメントを投稿