いったことある場所

注目の投稿

自転車のタイヤの話題。意外性のないみんなが使っている良タイヤ、それがGrandPrix 4000S II

Continental GrandPrix 4000 II このタイヤはレース用クリンチャータイヤのなかでもしかしたら最も人気があり、みんながわりと使っているタイヤなのかもしれない。 だからこそ意外性がなく、このタイヤと比べられてしまうのではないだろうか・・・・? ...

2018年1月20日土曜日

雪の中の合掌造りは一度はお目に入れたい。1


iso100 F11 1/60 

ただしすむのはちょっとね。なんて。
去年合掌造りの街、白川郷に行ったときの写真の紹介。
一度はその景色を目に入れてみたかった豪雪時の白川郷。落人がここで逃れて生き残ったのもよくわかります。 それではどうぞ。


地理の勉強をしているとその地形、白地図上で多くの特徴的な場所がある白川郷。鳥瞰図や俯瞰図でもでてくる有名な写真。その場所を一度は目に入れてみたいという思いを高校のときから思い浮かべていました。
実際は中学校の頃から白川郷のあの写真を見てあこがれていたりしましたが。
収穫時期の白川郷のあの写真。

そんな場所に雪の降る中行くためには、電車に乗りバスで乗り換え、ここに到着することが一番ベストかもしれません。あるいは自分で運転した車で行くのがいいことでしょう。


名古屋から出発して、すでにもう雪が相当降っており、岐阜市内に入った時点で積雪十センチ以上。そして、道中のひるがの高原でこんなありさまでしたが、ワクワクがとまらない私はツレの車をひた走らせました。


トンネルを抜けると・・・


いい感じのスノーシェードが!
雪の山間ではおなじみのスノーシェードですがここは山の中なのでロックシェッドもかねていますね。


ハイ。抜けた先はおなじみの雪国。
この時期にしては大雪だったようで、ちょうど除雪機を再配備しはじめた時間だったとか。


今回ツレの車で行きましたがドヒャーな雪。真っ白です!

こんなに雪が付いてても新品のスタッドレスなので-5℃の環境ではしっかり食いつきます。

ちなみにどれくらい雪が降っていたかというと、重みで枝がポッキリ折れるくらい。
市営の駐車場の雪に直接描かれた枠の中に車を停めていざ村のある対岸へ向かって行きます。

ついに到着しました!そしてやっぱりすごい人だかりですね・・・やはり観光地。逆にこの大雪だと人だかりはとても安心できます。なんせこのとき大雪警報が出ており、高速道路が通行止めになっていたのだとか。
では、覚悟を決めて中の景色をしっかりと目とシャッターに焼き付けていきましょう。
(つづく)

0 件のコメント:

コメントを投稿